苗床

菌床じゃないよ

週間日記(2024/05/13-05/19)

 

2024/05/13 Mon.

 昨日の大雨が一転して、今日は天気が良かった。植物を見に庭へ出たかったけど、近所の人に遭遇したり見られたりするのがなんとなく嫌で結局出られなかった。あんなに治療を頑張ったはずなのに、結局私は知り合いが怖くて気軽に庭へ出ることもままならない。数年前と全く同じ状態ではないと頭では理解しているつもりだけど、全然進歩がないように思えて気が滅入る。

 最後に受けたオンラインカウンセリングから一ヶ月が経とうとしている。何か行動しないことには現状は改善しないだろうからカウンセリングは継続した方が良いはずだけど、「これで治るんだろうか」と疑問に思いながら一回5000円のカウンセリング料金を払うのにはかなりの勇気が要る。次回のカウンセリングの予約を先延ばしにしている自分に対して、またもや「努力すべきなのに怠っている」「治ろうとする意思はないのか」と「他人から言われそうな言葉」が湧いてくる。

 

2024/05/14 Tue.

 文房具や雑貨を扱うお店に行った。何色も取り揃えられた色鉛筆が一本ずつばら売りされていて、すごくテンションが上がった。来る前に自分の手持ちの色鉛筆を見て、どの色を持っていないか、どの色が短くなっているかを確認してくれば良かったと後悔した。使い勝手の良さそうなデニム生地に似た色の青と、えんじ色の色鉛筆を買った。

 その後、ショッピングモールをぶらぶらする。キッチン用品店を覗くと、カラフルなものや繊細で美しいものなどいろんなグラス類がたくさん並んでいてきれいだった。こういう「なくても困らないけど、あると嬉しくなる」ような雑貨を見るのは楽しい。体質的にお酒がほとんど飲めないのが、こういう時に悔やまれる。素敵なグラスでお酒を楽しむのは、どんなに気分がいいだろうなあ。我が家のとらちとふくちによく似た猫のイラストが描かれたグラスもあって、以前見かけた時も買おうかすごく迷って、今回も迷いに迷って結局買わなかった。次に見かけたら、今度こそ買うかもしれない。

 

2024/05/15 Wed.

 昨日セリアで買ってきた鳥獣戯画のクッキー型で、型抜きクッキーを焼いた。初めて作るレシピを試してみたら、バターが多めだからか柔らかくて扱いづらい生地だったけど、焼き上がったクッキーはさくさくでとてもおいしかった。冷たい牛乳をおともに、いくらでも食べられそうだった。

 久し振りにピアノを触った。ブルグミュラーの好きな曲(狩り、バラード、アヴェ・マリア、乗馬など)を何曲か弾いた。猫達には嫌がられてしまうけど、思いきりフォルテの大きな音を鳴らすのは気分がすかっとして楽しい。

 以前Twitterを見ていた時、あまりにも差別的な内容のツイートがあったので通報していた。ところが、今日やっとメールが来たと思ったら「Xのセキュリティポリシーに違反していないと判断しました」との内容だった。あれが違反していないというなら、Xのセキュリティポリシーなんかセキュリティポリシーでも何でもないと言いたくなる。こんなSNS二度と利用してたまるかと息巻きたい気持ちは山々なのに、ここでしか得られない情報や娯楽があるので、閲覧専用と言い張って未だにアカウントを削除できずにいる。悔しいなあ。

 

2024/05/16 Thu.

 風がとても強かった。軒下に並べたプラスチックの鉢植えが、ドミノ倒しのようにいくつもなぎ倒されていた。

 特に何かした訳でもないけどなんとなく疲れて、午後はソファに伸びていた。猫達もそれぞれ思い思いの場所でくつろいでいた。私一人で家にいてだらだらしていると、「怠けている」「ごく潰し」などと「他人に言われそうな言葉」が頭の中で反響するけど、猫達といることで「怠けている」のではなく「猫と一緒にくつろぐ時間を過ごしている」といったような様子に思えてくるからありがたい。自分以外の人間が働かずに家でごろごろしていても、別に責めるようなことを言いたくはならないのに、自分に対してだけはいくらでも罵倒したくなるのはどうしてなんだろう。せめて、その逆(自分のことは棚に上げて、他人のこととなると責め立てたくなる状態)でなくて良かったと思いたい。

 

2024/05/17 Fri.

 自分の部屋にある、南側に面した大きな窓を開けると、猫達が興味津々でやって来て外の空気を楽しんでいた。気持ち良さそうに風や日差しを浴びて景色を眺めている猫達を見ると、自分もこうありたいなと憧れる。

 

2024/05/18 Sat.

 認定心理士の認定証が届いた。随分立派な、大学の卒業証書のような布製のケースに入っていて、認定料に3万円払っただけのことはある(?)。日本心理学会に入らないかという案内も同封されていたけど、心理職として働くことを目指すのは断念したし、年会費が5桁するのもあるのでやめておく。この認定証を、認定心理士の資格を手に入れることを当座の目標としてずっと掲げてきたのに、今になってこうして手元に届くと「これがあってもなあ…」とやや複雑な気持ちになる。もらえるものはもらっておくけど。

 もう社交不安症が何をしても治らない気がして、治る可能性を信じたり治ろうと努力したりすることに疲れてしまい、オンラインカウンセリングの予約を1ヶ月入れずにいた。ようやくなんとなく話したいネタを思いつけたので、予約を入れてみた。藁にも縋る思い。しても良い気分にはならないことが分かっていて、「社交不安症」「社交不安症 治らない」などのワードで検索してしまう。厚労省の「社会不安障害(SAD)体験記」というページを見ては、羨ましさと嫉妬で苦しくなる。色々なメンタルクリニックのサイトで「治る病気」「適切な治療で治ります」などと謳われていて、じゃあ10年治らない私は何なんだと腹が立ってくる。「医療機関に相談を」なんて言われても、ずっとしている。していてこれだ。何もかも嫌になる。


2024/05/19 Sun.

 年明けに読み終わった『意識をゆさぶる植物 アヘン・カフェイン・メスカリンの可能性』のメモしたい箇所をパソコンでWordに打ち込んだ。一冊のノートに手書きで書き写していくタイプの読書ノートのつけ方にはかなり憧れるけど、手書きではとてもメモしきれない量なので、諦めてデジタルでやっている。読む本が小説とかだったら、心に残った台詞などをちょこちょこと書くのに手書きが適しているんだろう。でも、こういうジャンルの本だと、あれもこれもメモしておきたいと思うのでそうはいかない。結局、この本からメモをとった量は2万字近い文字数になった。ハノンだかツェルニーだかでも弾くようにひたすらキーボードを打ち続けたので、ピアノの練習を頑張った後のように指が疲れた。手書きだったらもっと疲れていただろう。デジタルなら検索してすぐに参照できるし、これはこれで便利なのでいいか。